スチールチェンソー プロ機のスターターが脆弱!?な件

スチールMS261をはじめ、多くのユーザー様に好評のプロ仕様のチェンソーですが

スターターに関しては破損する頻度が高いと苦情を頂くことがあります


ロープローターの一部が破損


フライホイール内の粉塵(原因はこれ)


スターターの軸とローター、ポールを繋ぎ止める部品が切れています


なぜこうなるかというと…


スターターのラッチ部分がフライホイールのカップ部分に被さる構造になっています

カップ部分の壁があることで吸い込んだ冷却空気の流れが乱れることなく安定して送られるのですが・・・


カップ内に入り込んだ鋸屑などは出てきにくい構造になっています

特にチェンソーはアクセル全開にすると10000回転を軽く超えますので、鋸屑が粉塵となってスターターの部品をどんどん摩耗させてしまいます


  ここからは私見です!

  フライホイールにカップが無かった場合、鋸屑は溜まることは有りませんが、冷却

  空気をシリンダー側へ押し込む効率が悪くなります