top of page

スチール エンジンカッター TS500i エンジンがかからない

スチール エンジンカッター TS500i エンジンがかからない

スターターを何回引っ張っても掛からない・・・引くだけでしんどいですねw

スチール エンジンカッター TS500i
スチール エンジンカッター TS500i

TS500iはインジェクション仕様のエンジンカッターなので

まずは診断器に接続してエラーがないか確認します


そこで重要なのがスパークプラグ

抵抗(レジスター)付きかを確認、今回は無事、抵抗付きでした

※抵抗なしだとコントロールユニットが破損していると思ってください


診断器を繋いでみると・・・


TS500i コントロールユニット機能停止
TS500i コントロールユニット機能停止

・・・電圧低下

TS500i インジェクション機能停止
TS500i インジェクション機能停止

・・・インジェクション機能停止


記録を残して履歴消去、故障診断します


故障診断でもインジェクションバルブにエラーが出ました

バルブの電気部分が物理的に壊れているかもしれません

コントロールユニットの機能停止は正常運転できなかった時にも出ますので

配線関係に異常がなければ一先ずOKです


故障診断では電気的に判断できる箇所のみなのでエンジンそのものも点検調査します


まずイグニッションが正常かどうかイグニッションチェッカーを使って判断します

スターターを引いて放電窓に火花が見えたらOK

スターターを引いたときも変な引っ掛かりやザラつき異音などは無かったのでエンジン自体は異常が無さそうな感じです


次に吸気側から燃料を少し入れます


エンジンがかかるようでしたら燃料系統

かからなかったら電気やエンジンそのものになってきます

このへんはインジェクションでもキャブレターでも同じですね


燃料を吸気側から入れてみてスターターを引くとブルンブルンとかかりました


燃料の供給も点検して問題ないようなのでインジェクションバルブがほぼ確定

本体を分解していきます

TS500i キャストアーム取外し
TS500i キャストアーム取外し

TS500i シュラウドカバー取外し
TS500i シュラウドカバー取外し

黒い四角の部品がコントロールユニット


TS500i ユニット類取外し
TS500i ユニット類取外し
TS500i 燃料タンク・ハンドル取外し
TS500i 燃料タンク・ハンドル取外し

TS500i インジェクションバルブ取付部分
TS500i インジェクションバルブ取付部分

ホースが繋がっている部品がインジェクションバルブ

その下側にセンサー


原因調査にちょっと換えてみよう・・・なんて出来ない奥まったところに配置されています


TS500i インジェクションバルブ取外し
TS500i インジェクションバルブ取外し

TS500i インジェクションバルブ(部品内容)
TS500i インジェクションバルブ(部品内容)

TS500i インジェクションバルブ交換後
TS500i インジェクションバルブ交換後

今度は逆の手順で組み立てていきます

診断器に繋いで故障診断、問題なければ試運転・校正作業で修理完了です (*'-')b


インジェクションバルブ不良の原因

考えられるのはコイルの経年劣化と燃料内の不純物(コンタミ)


インジェクションバルブは電磁石でバルブを開閉させています

今回は故障診断でエラーが出たので電磁石のコイル部分が良くなかったようです

他には燃料の質に影響されてバルブが固着、開いたままや閉じたままなんて事もあります


継続的に使われている機械でしたらその都度燃料が入れ替わりバルブ固着のリスクが下がりコイルにも余分な負担がかからなくなりますので長期保管になっている機械は30分程度運転して調子を見てあげてください (*'-')b

閲覧数:96回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page