top of page

ハスクバーナ 550XP-Mark2 エンジン不調 その3

ハスクバーナ 550XP-Mark2 不具合の事例 - エンジンの不調


【過去記事】


症状

  • ハーネス修理歴有り

  • 通常通り始動可能

  • アイドリングでエンスト ⇒ 再始動可能

  • 機体を傾ける ⇒ 正常

  • CST(診断器)で認識する


2次エア吸い込みのようにも見える症状でしたがCSTではエラーなし

ハーネスはチェックしやすいので分解してみると・・・

550XP MarkⅡ ハーネス被覆ハゲ
550XP MarkⅡ ハーネス被覆ハゲ

ハーネスを一度補修していますが補修部分の厚みが増して取り回しが若干変わり

補修部分の先が散発的にクランクケースに接触していたようです


550XP MarkⅡ クランクケース側ハーネス当たり面
550XP MarkⅡ クランクケース側ハーネス当たり面

ハーネスがクランクケースのリブ構造の角にも擦れています

ここは最初に接触していた箇所になります

550XP MarkⅡ クランクケース接触面を切削
550XP MarkⅡ クランクケース配線接触面を切削

抜本的な対策をして欲しいとのご要望で接触面を切削

550XP MarkⅡ クランクケース配線接触面を切削
550XP MarkⅡ クランクケース配線接触面を切削

角を丸くして完了、配線に保護材を巻いて組み立てます

550XP MarkⅡ クランクケース
550XP MarkⅡ クランクケース

元に戻せなくなる改変はやりたくないのですが今回はケースの一部を削りました

これでハーネスの痛みが改善される事を願って経過観察です


※写真は修理中に撮れなかったので手持ちのクランクケースで再現

閲覧数:375回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page