top of page

スチール MS500i クラッチスプリング交換

チェンソーのアイドリング時にチェンが走り出す時はクラッチのスプリングが摩耗して張力が低下しているかもしれません


スチールの場合

MS500i クラッチスプリング摩耗
スチール MS500i クラッチスプリング摩耗

確認方法はスプリングの螺旋(コイル)間の隙間の有無

螺旋間に隙間があれば正常範囲

螺旋間に隙間が無ければスプリングのクラッチシュー側が摩耗しています


MS500i クラッチスプリング摩耗(拡大)
MS500i クラッチスプリング摩耗(拡大)

マイナスドライバーをスプリングとシューの間に入れると摩耗部分が見えます


MS500i クラッチスプリング摩耗(取外し)
MS500i クラッチスプリング摩耗(取外し)

摩耗したスプリングは引掛けのフック部分をラジペンなどで捻っただけでも外れるくらい張力が弱くなっています


クラッチスプリング摩耗部分拡大
クラッチスプリング摩耗部分拡大

チェンソーなどの遠心クラッチは特定の回転数以上になるとスプリングの張力以上の遠心力がかかってクラッチシューがドラムに接触して繋がります


回転が上がったり下がったるするたびにスプリングも伸縮を繰り返してクラッチシュー側が接触して摩耗していきます


MS500i クラッチスプリングを新品に交換
MS500i クラッチスプリングを新品に交換

新品のスプリングは張力が高いので引っ掛けるのに専用の工具が必要です

交換作業はクラッチシューをバイスで挟んで固定すると作業性が良くなります


5910-890-2800 インストーリング フック
5910-890-2800 インストーリング フック

スプリングの交換はラジペンなどはお勧め出来ません

スチールの中型機の中でもMS500iなどのクラッチの大きい機種はスプリングの張力が高く工具から滑ったりして作業性の悪さや思わぬけがをすることもあって危険です

また引っ掛けのフック部分に傷が入ると摩耗の進行が早まりますので専用工具でお願いします (*'-')b


閲覧数:80回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page