ハスクバーナ550XPマフラーボルトの緩み

更新日:6月1日

ハスクバーナ550XP - 不具合の事例

チェンソーのボルト類は増し締めを心掛けてください

特にマフラーは振動で緩みやすいようです


緩んだままだとどうなるか??

ボルトが脱落して紛失したりしますがそれだけでは済まない場合があります


シリンダーとマフラーの間にある遮熱板(ヒートディフレクター)が

ボルトが緩んで遊んでいたためこのような事に

破片がシリンダー内に侵入してエンジンをロックさせていました

550XP 遮熱板の破損
550XP 遮熱板の破損

ボルト穴も削れてガバガバです(;´Д`)

550XP ボルト穴の摩耗・穴径拡大
550XP ボルト穴の摩耗・穴径拡大

幸いヘリサートの下穴加工ができそうな大きさに収まっていましたのでネジ穴を修正します

550XP ボルト穴ヘリサート加工
550XP ボルト穴ヘリサート加工

手前は摩耗が進んで下穴径より大きくなっていましたのでヘリサートは奥側に施工

550XP 新しいボルトでマフラー組付け
550XP 新しいボルトでマフラー組付け

最初は焼け付いたかと思いましたが幸い復旧できる範囲の故障でした


ボルトが緩んでいると振動に違和感があったりカラカラと変な音がしたりと

何かしらの異変や兆候があります

普段と違う何かがあったら使用を中断して緩みがないか点検してみて下さい

閲覧数:40回

最新記事

すべて表示